化粧水はビタミンC誘導体入りを

ニキビの炎症は、最終的には膿となって排出されるか、体内に吸収されて鎮まります。炎症の強かったものはその後、ニキビ跡になってしまうことも。ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルなどと呼ばれるもの)が配合された化粧水には、ニキ・・・

日焼け止め効果もあるパウダーがおすすめ

肌をきれいに見せるために用いるファンデーションですが、美肌をキープするためには、なるべく肌に負担が少ないものを選びたいものです。ファンデーションのなかざも肌への負担が大きいのは、クリームファンデーションやリキッドファンデ・・・

ノンケミカルの化粧下地用ではないものを

シミやシワなどの肌老化を防ぐために、欠かせないのが日焼け止めです。さまざまな種類が出回っているので、選ぶポイントを押さえておきましょう。 日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤という化学物質が、肌の刺激となることもあるため、ま・・・

部分的に使うのが賢い方法

乳液と同様、クリームの目的は油分を与えることです。表面に油膜を張るだけで、やはりセラミドのように水分をかかえ込んで肌をうるおすというはたらきはありません。 いくら顔全体にクリームをベッタリ塗っても、セラミドが足りなければ・・・

美容液に近い新タイプを選んで

さらっとしたつけ心地の良さからか、乳液の人気は根強いようです。洗顔後には化粧水をたっぷりつけ、さらに乳液とクリームを塗ってごノタをする゛というのは、ひと荷前までのスキンケアの常識でしたが、じつはいまでは古典的な理論です。・・・

目的別に美容液を賢く併用

保湿以外にも、美自用やアンチエイジング用など、美容液にはいろいろなタイプがあります。保温タイプと併用して、自分の肌に必要なものを使うといいでしょう。その際、目的に合う成分が配合されているかどうか、しっかり確認することが大・・・

「セラミド」入り美容液で保温を

洗顔後の肌や、乾燥した肌には保温が必要です。探湯効果があまり望めない化粧水の代わりに、保湿の決め手となるのがセラミド入りの美容液です。 セラミドは肌表面の角質細胞の間に含まれる脂質ですが、肌内部の水と結合して水分の蒸発を・・・



(スポンサードリンク)


このページの先頭へ